肉の再冷凍について

肉を冷凍すると2週間から1か月にわたって保存できます。冷凍保存では細菌の繁殖が抑えられるため腐敗を防ぐことができますが、脂肪やタンパク質の酸化は進みます。冷凍保存する際にはラップで真空状態になるようにして包むと酸化の進行を遅らせることができます。またラップで包む際にはクッキングペーパーで水分を除去すると臭みもとることができるので合理的です。上手に冷凍保存することで2週間から1か月ほど美味しさを保つことができますが、なるべく早く使い切ることが重要です。2週間以内に調理してしまえば劣化も少なく美味しく食べることができます。また冷凍保存する際には新鮮なものを選択する必要があります。大きな肉の場合には小さく切り分けてから冷凍すると、素早く凍らせることができるだけでなく解凍する場合にも時間がかからないので便利です。
一度冷凍保存した肉を解凍した場合には再冷凍せず使い切る必要があります。冷凍させた肉は解凍すると肉汁が大量に出て旨味が流出する特徴があるので、再冷凍せずに全てを調理してしまうのが合理的です。冷凍する前に小さく切り分けておけば、不要な分まで解凍することがなくて済みます。また解凍したものをすぐに料理に使用すると、温度差によって固くなるという特徴があります。調理をする前に5分から10分ほど常温になじませるのが合理的です。実際に調理をする場合には肉汁が流出しないように完全に解凍される直前に使用します。美味しく調理するための解凍のタイミングは形や厚み、季節、室温などの影響を受けて変化します。解凍したものを美味しく調理するには一定の習熟が必要です。
一般的な食品には賞味期限と消費期限があります。加工されている業務用軟骨と通販サイトで購入したハムやソーセージなどには賞味期限が設定されています。賞味期限とは5日を過ぎても劣化しにくい食品に適用される期限のことです。ハムやソーセージの他に牛乳や乳製品などにも適用されており、期限を過ぎても直ちに食べられなくなるわけではありません。一方生肉には消費期限が設定されています。消費期限とはおよそ5日以内に品質が急速に劣化する食品のことです。期限を過ぎた場合には安全性に問題があるので、食べることができません。消費期限が過ぎた生肉は黒く変色し、表面に粘りが出て糸を引いていることがあります。細菌が繁殖して危険な状態なので食べると健康を害します。冷凍保存をすれば1か月は保存が可能ですが、なるべく早い時期に解凍して再冷凍せずに使用することが重要です。そもそもベーコンとは?生食や冷凍保存できる?簡単レシピも紹介も併せてご覧ください。