肉に下味をつけておく調理方法がある

肉は種類が豊富なので料理のレシピもたくさんあります。種類によって部位も様々あり、料理をするときにはそのレシピに合ったものを選んで調理することが大切です。普段はスーパーで材料を購入しているという人でも、高級なものや珍しいものなどは専門店や大型のスーパーなどを利用しているといいます。カルビを産地で推す!メニュー映えするバラ肉全国ブランド牛8選も参考にしてみましょう。
牛肉の肩ロースを卸売に出すには専門店を利用することをおすすめします。専門店には専門のプロがいるのでしっかりとしたアドバイスをもらうことができます。

肉料理にはいろいろな調理方法がありますが、肉にあらかじめ下味をつけておく調理方法もあります。
ハニーセサミチキンは下味をつけてから調理をするのでおすすめです。材料は2人分で、鶏もも200グラム、もやし2分の1袋、小松菜60グラム、塩小さじ4分の1、酢小さじ1、塩と胡椒を少々、片栗粉を鶏ももにまぶす量、サラダ油大さじ1、いりごま小さじ2を用意します。鶏ももの下味として、酒大さじ1、塩とこしょうを少々、にんにくのすりおろし小さじ1、ソースの材料として、酒大さじ1、醤油大さじ1、水大さじ2、はちみつ大さじ1用意しましょう。
はじめに、バットに一口大に切った鶏ももを入れ、鶏肉の下味の材料をもみ込んで1時間ぐらい漬け込みます。もやしのひげを取って洗い、小松菜の根元を切って10センチくらいの長さに切っておきます。鍋に湯を沸かし、塩と酢を加え、もやしは20秒、小松菜は30秒ほど茹でてザルに取って湯を切ります。湯を切っておいたもやしと小松菜を皿に盛り、塩とこしょうを少々振ります。フライパンにサラダ油を熱し、下味をつけておいた鶏ももの汁気を切って片栗粉をまぶして入れ、炒めたら一旦取り出しましょう。
フライパンの油を拭いて、ソースの調味料を入れて煮立てたら、鶏ももを戻します。鶏ももをソースに絡ませて、とろみが出たら火を止めて皿に盛り、いりごまを振りかけて出来上がりです。

牛肉とアスバラガスのオイスター炒めもおすすめです。
材料は牛の細切れ200グラム、味付け用として醤油小さじ1、砂糖小さじ1、料理酒小さじ1、塩こしょう少々、片栗粉小さじ1、アスバラガス一束、パプリカ2個、牛肉を炒める用の油大さじ1、全体を炒める用の油大さじ1、合わせ調味料にオイスターソース大さじ1、砂糖小さじ1、料理酒大さじ1、醤油小さじ1を準備しておきましょう。
牛肉に下味を付けて手で揉んでからしばらく置いておきます。その間にアスバラガスを2分ぐらい塩茹でて水気を拭いて斜めに細く切り、色どりにパプリカも細く切ります。フライパンに大さじ1の油を入れてニンニクの薄切りをいれて香りが出たら牛肉を入れて炒めます。色が変わったら一旦取り出し、同じフライパンで油大さじ1を入れてアスバラガス、パプリカを炒め、塩一摘みと水大さじ1も入れて炒め、牛をフライパンに戻して合わせ調味料も入れ、しっかり炒めて出来上がりです。