肉の賞味期限について

食品には消費期限と賞味期限という似たような概念がありますが、両者は必ずしも一致するわけではありません。消費期限は定められた方法で保存した場合に、腐敗などの品質劣化により安全性が損なわれない期限のことです。製造日を含めて大体5日以内で品質が急速に劣化する食品の場合に年月日で表示されます。弁当、サンドイッチ、惣菜、生菓子、食肉などに適用されます。基本的に年月日で表示されますが、弁当や惣菜の場合には時間まで表示される場合も存在します。消費期限を過ぎると安全性に問題が出てくるので、必ず期限内に消費する必要があります。一方で賞味期限は定められた方法で保存した場合に、品質保持が十分に可能な期限のことです。期限を過ぎた場合でも品質が完全に失われるわけではありません。製造日を含めて5日を超えても品質が劣化しにくい食品に適用されます。3か月を超える場合には年月で表示されますが、それ以外の場合には年月日で表示されます。牛乳や乳製品、冷凍食品などの他にハムやソーセージのような加工肉も賞味期限が表示されています。賞味期限を過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではなく、大体の目安として利用されます。肉の品質を維持するには冷凍保存をするのが最適な方法です。冷凍によって細菌の繁殖や酸化を抑えることができ、2週間から1か月は保存できます。美味しく食べるためには冷凍保存するだけでなく冷凍・解凍を行う際に注意するポイントがあります。
肉を冷凍保存する際には新鮮なものを選択することが重要です。冷蔵保存をすると劣化が早いので、なるべく早いうちに冷凍する必要があります。また肉は空気に触れると酸化します。牛肉の和牛と通販サイトなどで高級な肉を購入した場合でも、家庭で冷凍保存するならば真空になるようにラップで包むことが重要です。ハムやソーセージなどを冷凍保存する場合にもラップで包むと効果的に保存できます。ラップで包む際にはクッキングペーパーで水分を拭き取ると臭みも除去できるので効果的です。「圧力鍋や炊飯器で自家製焼き豚!焼き豚入りチャーハンレシピも!」もご覧ください。
大きく厚みのある肉などは冷凍するのに時間がかかります。なるべく小さく切り分けてから冷凍保存することが必要になります。小分けにすると解凍にも時間がかからないので効率的です。2週間から1か月ほど使用しない場合には冷凍保存が有効ですが、すぐに料理に使用する場合には冷蔵保存をした方が解凍する手間が不要なので効率的です。冷凍保存を行うと腐敗を防ぐことができますが、脂肪やタンパク質が酸化します。品質の劣化を考慮するとなるべく2週間以内に調理する方が合理的です。