肉をさっぱりと食べるときのレシピ

肉の種類は豊富で種類によって部位もいろいろとあります。
料理をするときにはその種類と部位にあったレシピを参考に調理する人も多いです。普段はスーパーなどで購入していることが多いけれど、業務用の鹿とオススメの通販サイトがあるという人もいます。日本にはあまり馴染みのない鹿の肉もヨーロッパでは高級食材として扱われています。鉄分やたんぱく質が多く、カロリーが少ないということで栄養価の面でも注目されているということですが、スーパーにはなかなか売っていないことが多いので専門店や大型のスーパーなどで購入する人もいます。

鹿は牛と似た味ですが家畜化されているわけではないので高級食材として扱われています。最近はジビエ料理としても扱われることが多い種類です。ジビエ料理の鹿は臭みが強く、硬いものが多いといわれています。料理法によっては臭みをとって柔らかく食すこともできるのでそのコツを抑えておくといいでしょう。鹿の特徴や産地とは?ヘルシーさを活かす鹿ローストのレシピも参考になりますね。
臭みをとるコツは血抜きをしっかりとしておくことが大切です。臭みの原因は血抜きが不十分だからです。血抜きの方法は水、ヨーグルト、牛乳、塩、麹などに30分かた一晩漬けておくだけです。またとってすぐは硬いので2、3日置いてから調理します。そうすることで柔らかくなるので食べごろになります。それから焼きすぎないことが大切です。煮込むときには一度焼いてからのほうが柔らかく、美味しい煮込みになるといいますが、焼きすぎてしまうと硬くなって美味しくないので気をつけましょう。

鹿を調理したことがない人はいろいろとレシピがネットなどに載っているので参考にしてみるといいです。
たとえば鹿の肉を使ったカレーは普通のカレーライスを作るときと同じ工程で作ることができます。さっぱりとした味にすることもできますし、好みのカレーのルーを使うことができるので美味しく食べることができるのでおすすめです。ステーキも美味しいです。鹿の肉を塊で購入したときに贅沢に食べることができるレシピです。
はじめに塩水に漬けて臭みをとり、おろしにんにくと岩塩、塩コショウをすり込んでからフライパンで表面だけを焼いて、次にバルサミコ酢とオリーブオイルを塗りこみます。後はアルミホイルに包んでオーブンでさらに焼いて出来上がりです。塩をさっとつけて食べるのにさっぱりとした味わいになりますし、市販のソースなどを使ってもいいです。しっかりと臭みをはじめに取り除いておくことが大切です。調味料をすり込んでから一晩置くとさらに美味しくなります。