肉のサラダなどを作ることができる

肉にはいろいろな部位があり、種類も豊富にあります。
種類によってサラダや煮込み、炒め物など様々な料理を作ることができます。鶏肉のせせりを仕入れるには専門店や大型のスーパーにいくといいという人もいますし、普通のスーパーのもので十分という人もいます。どんな種類、部位のものでもしっかりとした味付けをすることで安いものでもおいしく食べることができます。

たとえば、鶏のせせりと野菜をレンジで温めるだけでおいしいサラダを作ることもできるのでおすすめです。材料は2人前でせせり100グラム、もやし1袋、焼き肉のタレは好きな分量を用意します。もやしをさっと洗ってシリコン、または耐熱皿に入れ、さらにせせりを乗せてレンジの600ワットで5分温めます。水分が出るのでそれを取り除いておきましょう。お皿に盛ったら好きな焼肉のタレをかけて出来上がりです。人気焼鳥部位せせりとは?カロリーは高い?串焼き以外のレシピも!参考になりますね。
鶏のせせり肉と新玉ねぎのポン酢を合えたものもおいしいです。材料は鶏のせせり400グラム、玉ねぎ1個、葉ねぎ2本、ポン酢60ミリリットルです。玉ねぎを薄切りにして水に10分位浸しておき、鶏のせせり肉を茹でます。茹でたての鶏のせせりと水を切った玉ねぎをボールで合わせてポン酢をかけ、冷蔵庫で冷やしておきます。食べるときに刻んだ葉ねぎを散らして食べます。もちろん温かいままでもおいしく食べることができますが、しっかりと冷やして食べることが大切です。

鶏のせせりの甘辛煮はおかずになるだけではなく、お酒のおつまみにもなるおいしいおかずです。
材料は3人前で鶏のせせり140グラム、料理酒はせせりに絡める程度、しょうがチューブ4センチ、片栗粉は適量、白ネギ10センチ、人参3センチ、笹切りごぼうなど好きな具材は適量です。調味料として料理酒大さじ2、醤油大さじ3、みりん大さじ2、砂糖大さじ1、一味唐辛子は適量です。
せせりは料理酒としょうがに15分つけておき、白ネギと人参を切って、笹切りごぼうなど好きな具材を切っておきます。片栗粉をまぶしたせせりを中火で両面焼き、取り出しておきます。そのフライパンに油を更に引いて、ごぼう、白ネギ、人参を炒めます。せせりを投入してもう一度炒めたら、調味料をすべて混ぜたタレをいれて水気が飛び、タレが絡まったら出来上がりです。
おいしくてたくさん食べることができる肉料理なのでおかずを普段あまり食べないという人でも安心して食べることができます。濃い味付けですがご飯にも合います。