肉の種類によってレシピがたくさんある

肉にはいろいろな種類があり、おいしい料理を作ることができるレシピもたくさんあります。牛、豚、鶏、羊などさまざまな種類があるだけではなく、さらに部位によっても種類があるので料理をするときにはその料理にあったものを選びます。仕入れの参考に!「牛」「豚」「鳥」おいしい肉の選び方もぜひお読み下さい。
業務用ささみと通販サイトを利用して料理を作っている人もいます。おいしい肉を購入することができる専門店や珍しい部位の肉を購入することができる大型のスーパーなどもあります。それぞれを上手に使っている人も多いです。

たとえばささみの梅じそフライを作ることもできます。材料は2人分で、鶏ささみ120グラム、梅肉5グラム、青しそ2枚、塩少々、こしょう少々です。衣の材料には小麦粉6グラム、卵10グラム、パン粉12グラム、揚げ油が適宜です。付け合せとしてブロッコリー60グラム、塩少々を用意します。
付け合せのブロッコリーは小房に分けて、塩を加えた熱湯でゆでてザルに上げて冷まします。ささみは筋を取って横から包丁で切り込みを入れ、縦半分に開きます。青しそは縦半分に切ります。ささみを開いた片方に、青しそ、梅肉をぬって、もう片方でふたをするようにはさんで表面に塩、こしょうを振りかけましょう。表面にも塩、こしょうを振り、小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつけます。油を熱し、中心まで火が通るようにゆっくり揚げていきます。少し冷めたら斜め半分に切って盛り付けて、付け合せを一緒にのせて出来上がりです。

塩こうじを使った梅と大根とささみのサラダもおすすめです。材料は2人分で、大根5センチから6センチ、キュウリ1本、鶏ささみ2本、もみ込むときの材料として液体塩こうじ小さじ1、酒小さじ1、合わせる液体の材料として梅干し1個、液体塩こうじ大さじ1、酢小さじ1、ごま油小さじ1を用意します。
ささみは筋を取って、袋に漬け込み用のものを入れてよく揉み込み、冷蔵庫で30分から1時間ほど揉み込みます。大根は1センチ幅に薄切りにし、キュウリは薄い輪切りにしましょう。それぞれに塩少々をふって10分ほど置いたら水分を縛ります。それを耐熱皿に並べ、揉み込んでおいたを並べ、ラップをし600ワットのレンジに2分かけます。温めたらラップをしたまま冷まし、ほぐしておきます。梅干しは種を取り包丁で刻みます。ボウルに合わせる液体の材料を混ぜておきます。大根、キュウリ、ささみを入れ混ぜ合わせて出来上がりです。おいしいのでおかずとしてもおつまみとしてもいいです。