埼玉で業務用の肉を購入する

埼玉県は東京都に隣接しており人口も多いことから経済的に非常に発展した地域です。多くの商業施設が存在するため、大抵のものを購入できます。業務用肉の卸売業者も多く存在するので飲食店などが食材を探しやすい地域でもあります。業務用食材の卸売業者は基本的に飲食店などを顧客として活動しており、一般の消費者が購入することはできません。しかし埼玉県には肉の専門店も多く存在するため一般の消費者でも様々な食材を容易に探すことができます。近年ではインターネットが発達し、日本全国どこに住んでいても通販サイトで業務用食材を仕入れることができるようになりました。通販サイトでは飲食店などの業者だけでなく一般の消費者も登録して商品を購入できるものがあります。埼玉県内には多数の肉の専門店がありますが、インターネットの通販サイトを利用すれば実店舗へ行かなくても様々な食材を比較検討できるので便利です。業務用シロを仕入れる際には産地や品質の他に賞味期限にも注意する必要があります。
動物の内臓のことを一般的にもつと呼びますが、もつには様々なものが存在します。シロとは豚の大腸や牛の小腸のことです。もつを焼いて食べる料理のことを一般的にホルモン焼きと呼びます。ホルモンとは動物の大腸や小腸のことです。しかし内臓全般を焼く料理がホルモン焼きと呼ばれています。豚の場合にはシロは大腸を指しますが、小腸と一緒にもつとして販売されていることもあります。小腸はコテッチャン、ヒモなどとも呼ばれています。豚のシロは味噌煮にすると美味しく食べることができるので人気です。(参考:豚シロとシロコロは違う?紛らわしいホルモンの名称と部位解説!
埼玉県は経済的にも非常に発展した地域なので人口も多く、肉の専門店も多数存在します。専門店では基本的に生のシロなどが販売されています。一方インターネットの通販サイトを利用した場合には真空パックで密閉された冷凍の商品が送られて来ます。生の肉には消費期限が設定されていますが、密閉された冷凍のものでは賞味期限が設定されます。
消費期限は生肉のように急速に劣化する食品に設定されており、期限を経過すると食べることができません。生肉には細菌が付着しているのが通常です。消費期限を経過すると細菌が繁殖して腐敗し、食中毒などの原因となります。冷凍肉のように賞味期限が設定されているものであれば、期限を経過しても食べることができます。賞味期限はあまり劣化しない食品に設定されます。冷凍のものには長期的な賞味期限が設定されるのが通常ですが、解凍後はなるべく早く消費する必要があります。