あなたは肉派?それとも刺身派?

夕飯の買い出しや、冷蔵庫の買いだめにスーパーマーケットなどで買い物をするとき、肉を買うかそれとも魚を買うか、迷うことって多いですよね。魚はあまり日持ちがしなさそうだしレパートリーにも限りがあるなと考えたり、肉は肉でなんだか最近肉料理ばかりかなと考えたり。悩みはつきません。皆さんは普段、どんな食材を購入し、どんな料理を作ってますか?

まとめ買いをした際に、気になるのはそれらの食材の保存方法。肉や魚は基本、冷凍して保存します。最近の冷蔵庫はハイテクなものも多く、冷凍しなくても1週間持つことを宣伝文句にしているモノもありますから一口に冷凍が一番!とは言い切れませんが、冷凍保存をおすすめします。トレーから出してサランラップで包み、冷凍庫に保管する方法がオーソドックスです。ただし刺身用魚の冷凍は、鮮度が落ちますし、解凍して刺身として食べると少し水っぽく感じますのでお刺身として食べたい魚は、冷凍することは避けた方がいいですね。冷凍した肉を調理に使う際は、自然解凍もしくは電子レンジの解凍機能を使って解凍させてから、いつものように下処理をし調理に使って下さい。個人的な感想かも知れませんが、とりももの皮は半解凍の状態だと切り離しやすいです。皮が苦手な方やカロリーを気にしていつも皮を取り除く方は一度やってみて下さい。できるだけやらない方がいいことは、再冷凍させること。食材そのものに影響が出ますし、特に鶏肉に関しては牛や豚に比べて水分量が多く傷みが進行しやすいので注意が必要です。

肉料理を作る時に気を付けていることはあるでしょうか?焼く、煮る、茹でる、揚げる、蒸すなどのさまざまな調理法がありますよね。熱を入れると身が小さくなってしまいますので、カットはやや大きめにすることをお勧めします。また、焼くときは火を通す前に調味料や味付けを揉み込んでしばらく寝かせてから焼くようにすると、身が固くならずに美味しく仕上がります。下処理段階でフォークなどで穴をあけておくのもいいですね。焼くととてもたくさん脂が出てきますので、キッチンペーパーなどでその都度脂を拭き取りながら熱を通していくと、ヘルシーに出来上がりますよ。素材そのものから溢れ出す脂で充分ですので、前もってフライパンに油を敷くということはしなくていいです。また、脂がたくさん出ているときには野菜などを加えて入れる際に水気などで油跳ねする可能性がありますので火傷をしないように十分に気を付けましょうね。
こちらも人気:アヒルはジビエじゃない?人気アヒル料理4選&絶品ソースレシピ